リンドリ

メトロン赤井の勝利に思う

 カーボン乗杉VSメトロン赤井のセヴンスター。赤井押しとはいえ、正直勝てるとは思っていませんでした。0-4のボロ負けも覚悟していました。

 なにせ赤井といえば、

・リデザがない
・ラスカルに返り討ちにあってから出番もない
・そもそも遊撃隊ってなに?

 って感じじゃないですか。一方のカーボンは、

・人気の凶獣メンバー
・勝てば防衛戦がユーリとの凶獣対決
・さらに一箭との試合といった「今後」のぶち上げる

 と勝つ要素しかない。

 どうすればいいんだと思ってたところ、赤井のテコ入れが直前に入ります。突然、借金のカタに遊撃隊をやっていたと語られます。それも社長の力でどうにかなったと。
 個人的にはそんな設定いらなかったのですが。急に実は気の毒な境遇だったと語られてもどうしたものやら。
 ただ、相棒である原田みちるの「幸せに……なりましょ」には不覚にもぐっときました。キャラ設定を読む限り、みちるはアイドルになる近道としてプロレスをやってるだけで、遊撃隊にも思い入れは薄いと思っていたからです。それなのにこの「幸せ」発言ですからね。後藤・小原の野良犬コンビというか、真壁・本間(回復を祈ります)のG・B・Hコンビに重ねるプレイヤーもいたのではないでしょうか。

 「仕事」ではない勝利のための試合など、赤井にはこれまで無縁だったもの。東女ファンにも認知度が低いと思われる彼女に贈られる声援はほとんどなかったと思います。それでもみちるの声を背に闘う姿を思うと、ムラムラと創作意欲が湧いてきますね。

 ともあれベルトを巻いた赤井には防衛戦が待っています。公式からの追い風がカンガン吹いてくると予想されるユーリが相手ですが、ちょっとだけ走ろうかと思います。

 幸せに向かって走り出した時点で、すでに幸せを手にしたと、自分は思います。

| | コメント (0)

次期挑戦者についてアレコレ

 麗の次期挑戦者争いが世代闘争へと変わりつつあるため、状況を整理したいと思います。資料は「ビジュアルファイル2016」です。

***

 まずは「ナウリーダー」(麗より上のキャリア)と「ニューリーダー」(麗と同期からセヴンスター卒業まで)を派閥ごとに。

・ナウリーダー(19人)
 女帝直下…姫小路・十両
 凶獣…菊池・山口・大鉛・ソニックナイト・南城蛍・豪徳寺・皆口
 ソニックファミリー…ソニックキャット
 紅炎団…KATON・岩田
 滝沢組…滝沢
 日高一派…日高・西田
 その他…神崎・一ノ瀬・吉崎(いるの?)・野々村

・ニューリーダー(29人)
 女帝直下…シュバルツ・霧島・咲川
 凶獣…細野・さとり・ガッシュ・なるみ・美香
 ソニックファミリー…ディアナ・えり子
 紅炎団…加藤・羽佐間
 滝沢組…椿・伊勢屋・一箭遙(シナリオで追加)
 日高一派…クラウディア
 サンモニ…あかり・吉井・ジャスティスX・風魔あやめ・野草・キャシー
 ディスティニー…麗・ラナ
 星屑…夢原・珠樹
 フラフラ…香田
 その他…ホワイトフェイス・忍
 さらに、タッグでベルトを巻いた石狩みな、ヤンドラの称号を持つ社務さわり、デビュー戦がタイトルマッチの予定だった薬師寺いろりも候補か。

***

 それでは、派閥ごとに今後の展開を予想。

・女帝直下
 霧島と咲川の試合は挑戦者決定戦になる模様。シュバルツもやる気あり。ただ、迎え撃つ側の十両に引退フラグが立っているのが心配です。

・凶獣
 ナウリーダーが7人、ニューリーダーが5人と、ベルトに絡む人数が最も多い派閥。ヒールユニットということもあって、他派閥からも標的となりそうです。
 一方のニューリーダー、特に井上直下の3人は独り立ちのチャンス。セヴンスターベルト保持者のなるみと美香(最多防衛記録保持者)も勢いにまかせて挑戦してもいいかもしれません。

・ソニックファミリー
 一度ソニックを破っているディアナに欲があるかどうか。井上直下と同じく、上への依存が強い点が不安ではあります。

・紅炎団
 すでに挑戦表明している加藤。アメリカ帰りのKATONと勝負するのではないでしょうか。

・滝沢組
 誰かを出したいと語る滝沢だが、キャリア的には若い選手が多い滝沢組。セブンスターのベルトを巻いた椿と一箭か、みなを送り込むか。

・日高一派
 シナリオに絡んでいないだけにどうなるか。ニューリーダーもクラウディアしかいないし…。

・サンデーモーニング
 ナウリーダーのいない若い派閥。1番に挑戦者として名乗りを上げたあかりの対戦相手はソニックになるのか。また、吉井やジャスティスはどう動くのか。セヴンスター保持者の野草、キャシーにもチャンスはある。風魔あやめは?

・チーム星屑
 リーダーのこがねはキャリア的に対象外だが、夢原と珠樹にはチャンスあり。因縁のある野々村が帰国すると面白いのだが。

・フラフラ
 咲川がベルトを巻けば、(自称)ライバルのクリスティーヌ幸田にもチャンスが??

・その他
 一線を引いている神崎と一ノ瀬。リングでの壁として立ちはだかるのか。
 麗の(私生活の)弱点を知り尽くしているホワイトフェイス。上昇志向の乏しい彼女はどう動くか。

 以上、ざっくりとまとめましたが、「いつものメンバー」での展開ではなく、多くのキャラにチャンスがあると楽しめるかなと思います。

| | コメント (0)

2016年のスペシャルマッチを振り返る

 続いて、スペシャルマッチを振り返りつつ、7連戦との合計もまとめてみます。

・スペシャルマッチ実施回数 9回
・出場選手数 22人
・最多出場試合数 2試合
 古代ウズメ(2勝0敗 S…0勝0敗 T…2勝0敗)
 冬崎ヤマト(1勝1敗)S…1勝0敗 T…0勝1敗)

 ここからは7連戦との合計になります。

・出場選手数 110人
・最多出場試合数 7試合
 霧島梨花(6勝1敗 S…1勝0敗 T…5勝1敗)

| | コメント (0)

2016年の7連戦を振り返る

 あけましておめでとうございます。

 今年最初の記事は、去年の7連戦を振り返ってみます。

・開催回数      10回
・試合数       70試合
・出場選手延べ人数 101名

・最も試合数の多かった選手は以下の通り。試合数は6試合(注:S…シングル、T…タッグ)
  霧島梨花(5勝1敗 S…0勝0敗 T…5勝1敗)
  社務さわり(3勝3敗 S…2勝2敗 T…1勝1敗)
  スパイダー菊池(3勝3敗 S…3勝1敗 T…0勝2敗)

・以下、試合数順に
 4試合…10選手
  青鬼ひとみ、赤鬼ふたば、石狩みな、シュバルツ・ネーベル、滝沢泉、南城蛍、姫小路由樹、雪女、ラズベリー咲川、ルシフェル美香
 3試合…12選手
  あかり、円陣光子、笠松鏃、岸田南美、校条手鞠、小天狗舞々、シャドウ細野、友野なるみ、ブラッディ井上、星空こがね、メアリ・ノートン、山崎フランケン
 2試合…24選手(選手名省略)
 1試合…52選手(選手名省略)

・最多勝利選手
 霧島梨花 5勝

・勝率10割選手(3試合以上)
 シュバルツ・ネーベル(4勝 S…0勝 T…4勝)
 メアリ・ノートン(3勝 S…2勝 T…1勝)
 山崎フランケン(3勝 S…0勝 T…3勝)

・勝率0割選手(3試合以上)
 笠松鏃(3敗 S…2敗 T…1敗)

| | コメント (0)

セヴンスター・ヤンドラ対象者一覧

 ストーリー把握用に2009年デビュー以降のレスラーをメモしておきます(平成28年12月2日更新)

(参考:ビジュアルファイル2016)。

~ セヴンスター対象者(19人)
・2009年2期…アイアン羽佐間・伊勢屋空歌・キャシー=ホワイト(王者)・ルシフェル美香・一箭遙(他団体デビュー組)
・2010年1期…海江田潤・メトロン赤井・カーボン乗杉・都坂ユーリ(2016で追加)
・2010年2期…ウィッシュ新妻・赤津ちか・原田みちる・鹿野瑠璃
・2011年1期…星空こがね・石狩みな・大木真琴
・2011年2期…ハロウィン園原・ラヴァーズ井ノ瀬・幌多みのり・ムー成田・早乙女菜摘

~ ヤンドラ卒業、新規セヴンスター対象者(16人) ~
・2011年3期…フリーザー片倉・中江いんこ・プロミス榎下
・2011年4期…磯部かんきち・染宮一二三・社務さわり・榎木くるみ・古代ウズメ
・2012年1期…沓沢真生・佐和むつみ・スクール飛咲・十六夜半月
・2012年2期…キャリア赤城・チェルシー森近・円丈美和・楠原ななか

~ ヤンドラ対象者(16人) ~
・2012年3期…服北ののり・南城ざくろ・カース伏久
・2012年4期…琴無千鶴・メアリ=ノートン・小早川ぽひ(現FWWW)
・2013年1期…水星ケア・日向ひまわり・サンタ子
・2013年2期…山吹旭・唐沢しおん
・2013年3期…グレイ綾野
・2013年4期…牛ノ宮まくら(※)
・2014年1期…冬崎ヤマト・パピヨン羽田(※)
・2014年2期…ティフィ青山(※)
(※)牛ノ宮、青山のヤンドラ参戦が確定。羽田は出場資格なし。

~ 若手・新人(11人) ~
・2014年3期…薬師寺いろり・兎角はねる
・2014年4期…飯田知世子・稲荷ひめり・風祭はやて
・2015年1期…サモエド・与那覇久遠
・2015年2期…エリス=ライアル・黒山百合華
・2015年3期…アナ=ペコリータ・神楽坂美樹  

| | コメント (0)

レイドボスイベントを振り返ります。

 日替わりレイドボスイベントを振り返ります。

・第一試合 ○スペシャル小原 VS ファイン青空× (4-0)
 7連戦でやるほどでもないけど、多摩女が勝つとみんなが笑顔になるので組まれたってところですか。
 いくら小原より強いといっても、そもそも青空の東女でのポジションが分からないし、青空から見た多摩女と小原がさっぱり描かれていないので感情移入のしようもありません。
 ま、カレーも売れて良かったねとしか。

・第二試合 ○神楽坂美樹 VS 黒山百合華× (4-0)
 相方のキャラが立ちすぎて印象の薄い者同士の試合。コンビで影の薄いハンターズよりはましですが。
 ニコ差分のコスしか話題にならない百合華の負け。ビジュアル的にもシナリオ的にも凶獣にさっさと入っていれば違う未来があったかもしれません。

・第三試合 ○校条手鞠 VS サーカス大鉛× (4-0)
 ツイッターでも書きましたが、プロレスの試合はヒールが試合を作ると思っていますので、この試合に関しては、どっちが勝っても次の展開が楽しみです。 

・第四試合 ○佐和むつみ VS ウィッシュ新妻 (3-1)
 むつみが新妻に勝ってどうしたいのかが見えないのでなんとも。付き人解任なんていまさらですし。ここで新妻とタッグを組んで、咲川・さわりに挑むくらいの展開を見せてほしいです。

・第五試合 ○プロミス榎下 VS フリーザー片倉 (4-0)
 ファーストインパクトのリーダー決定戦。
 普通の7連戦でやってください。

・第六試合 ○ラヴ・オニキス VS ラブ・トパーズ (4-0)
 トパーズの正気(笑)を取り戻す。オニキスの思いを届かせるという意味で、今回の仕様に一番合っているかと思います。7連戦仕様だとトパーズが頑駄羅4番手に落ちてしまいますからね。

・第七試合 ○ディアナ・ライアル VS ソニックナイト (2-2)
 麗に敗れて以降、一線を退いてきたため、ここでソニックがディアナに負けてもしかたないでしょう。むしろソニックが圧勝したら問題な訳で。そう考えると、ソニックは今の「みんなの力」が知りたいのではなく「自分の力」を確認したかったのではないでしょうか。

 

| | コメント (0)

7連戦(セブンデイズダイヤモンド)雑感

7連戦雑感。

・第1試合 ○林檎VSさと×
 引き出しの多さで林檎が辛勝。アナと美樹もそうですが、あんまり新人の仲が良すぎると凶獣へのスカウトが難しくなりそうですが…。

・第2試合 ×綾野VS慧子○
 パワーで慧子が押し切った試合。綾野のやられ顔がエロい。

・第3試合 ×ひまわりVS舞々○
 前の試合を参考にしたか、舞々が最後までスピードを落とさずに勝利。武闘派のソニックファミリーに所属している以上、ひまわりも負けん気は強いのでしょうが、達観した口ぶりのせいか大一番での勝利が遠いです。

・第4試合 ○咲川VSさわり×
 咲川が意地を見せて勝利。さわりが勝てばセヴンスターを通り越したポジションになるところでしたが、まだまだ壁は高くて厚いようです。これで2人の仲も元鞘です。

・第5試合 ○美香VS空歌×
 ルシフェル美香、セヴンスター初の防衛に成功。自然体を是とする空歌のささやかな「欲」。一剪をセヴンスターへ参戦させたいという思いは、空歌を善戦へと導いたのか、それとも最後の最後で技を曇らせたのか。

・第6試合 ○一ノ瀬VS山口×
 一ノ瀬栞が全盛期の力を甦らせ山口に勝利。次期挑戦者は一ノ瀬に決定。さて、一ノ瀬が表舞台に出るということは、神崎玲子も動きを見せるということか。

・第7試合 ×滝沢・石狩VSシュバルツ・霧島○
 女帝直下コンビが王者を圧倒。今回ベルトを失ったものの、石狩みなにはいい経験になったのではないでしょうか。
 タッグチャンピオンとして全国行脚に出る「KASUMI」ですが、ベルトに見合う対戦相手がいるのでしょうか。

| | コメント (0)

サバじゃねえ!

 多摩女のエース、スペシャル小原でも佐和むつみより弱いので、地方の小規模団体のトップが女帝直下にワンパンでも仕方ないんじゃないですかね?コンパチ(ボツ?)キャラだし。明日は覆面がシュバルツにワンパン喰らうパターンですかね。で、モモタだけが美味しいところをもっていく、と。
 
 勝負は常に顔で決まるのだよ!(ヒドラ市 談)

| | コメント (0)

デストロイクリムゾンを振り返る

 PvPイベント「バトルロイヤル デストロイクリムゾン」を振り返ります。

 登場キャラは以下の通りです。(◎は新登場、○は復活、△は継続)

・グループA(東女寮・女帝直下の弟子・星屑・サンモニ)
 ○兎角はねる、△アナ・ペコリータ、◎アリス・リドル、△神楽坂美樹、△赤ずきん
 △クリスティーヌ香田、△プロミス榎下、△古代ウズメ、△紅蓮篤美、△京須心美
 △星空こがね、△中江いんこ、△パペット夢原、△風祭はやて、△中津井珠樹
 △ハミング野草、△あかり、△メアリ・ノートン、△マジョラム吉井、△ジャスティスX

・グループB(多摩女・レジスタンス・健駄羅・レジスタンス)
 ◎スペシャル小原、◎白木孝奈、◎林フレンダ、◎オリガ・ガゼーエフ、◎望宮疾華
 △西城戸梨王、△笠松鏃、△京伏流、△サンシャイン王牙、△硯見ちひろ
 △孫月星、○兎澤ルシア、○姫麻呂町由岐、△スジャータ、△太堂ゆに
 △円陣光子、△蓮根、△岸田南美、△ナース小田藤、△玉子

・グループC(日高一派+α・フラフラ・滝沢組・ソニックファミリー)
 ○パピヨン羽田、○唐沢しおん、○クラウディ浮空、○山吹旭、○ティフィ青山
 ○ラズベリー咲川、△社務さわり、○サモエド、△琴無千鶴、△佐和むつみ
 △滝沢泉、△石狩みな、△崖ノ下椿、○キャリア赤城、△海江田潤
 ○ソニックキャット、△田中えり子、○日向ひまわり、○赤津ちか、○ディアナ・ライアル

・グループD(ナイトメア・ナイトメア・吸血姫と仲間たち・ナイトメア)
 △リトルデビル鈴木、△グレムリン御門、△ヘカトン彗子、△コボルト奈村、△ヘルキャット綾部
 △赤鬼ふたば、△青鬼ひとみ、△小天狗舞々、△マナコ、△スクイッド多子
 △ヴァンプ鈴森、△ブレイヴ勇子、△ベッキー・K、△小早川ぽひ、△マーメイド塩味
 △雪女、△ダーク・プリーステス聖光院、△キョンシーYui、△マミ・マミー、△山崎フランケン

・グループE(オール凶獣)
 △校条手鞠、△グレイ綾野、△カース伏久、△南城ざくろ、△冬崎ヤマト
 △サーカス大鉛、△ハロウィン園原、△ラヴァーズ井ノ瀬、△友野なるみ、△十六夜半月
 △ブラッディ井上、△恵比寿さとり、△シャドウ細野、△南城蛍、△ロイド・ガッシュ
 △スパイダー菊池、△アントラー山口、○ソニックナイト、○ルシフェル美香、△豪徳寺伊吹

 多摩女が新規参戦、林フレンダなんて今後出番があるのか?

 ちなみに今回消えた方々(23名)。

 紅炎団(プロミネンス加藤、KATON、牛ノ宮まくら、アイアン羽佐間、大木真琴)
 ディスティニー(エレキンぐるみ、麗雫、リトル・ラナ、チェルシー森近、沓沢真生)
 女帝直下(姫小路由樹・ミス十両)
 フラフラ(ウィッシュ新妻)
 滝沢組(フリーザー片倉)
 新人(エリス・ライアル、黒山百合華)
 凶獣(カーボン乗杉、薬師寺いろり)
 レジスタンス(岡部いんこ、サクリファイ子、電撃エレナ、殺人蜂五月雨)
 健駄羅(ラヴ・トパーズ)

 で、今回の自分の成績ですが、

・モバ…720勝189敗 241125pt 1248位(前回 183282pt 1588位)
・ニコ…646勝202敗 215930pt  676位(前回 201312pt  662位)

 でした。

| | コメント (0)

シュバルツ劇場について思う

 蛍・細野VSシュバルツ・霧島の次期タッグ王者挑戦権マッチ。
 前にも書きましたが、シュバルツには菊池のベルトに挑戦してほしかった。姫小路が破れてもガッシュ・ロイド組に勝った自分と勝負しろってアピールしても良かったのに…。何故、菊池の提案通りタッグベルトの挑戦権を賭けて戦うのか。宝探しはガンダーラの計画に乗ってるだけだし、どうにもレールに乗せられている感が残念だ。自力でこじ開けてこそのシュバルツ劇場。頑張っておくれ。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧