« マイティ祐希子バースディ2017 | トップページ | ハッピーバースデー美月2017 »

メトロン赤井の勝利に思う

 カーボン乗杉VSメトロン赤井のセヴンスター。赤井押しとはいえ、正直勝てるとは思っていませんでした。0-4のボロ負けも覚悟していました。

 なにせ赤井といえば、

・リデザがない
・ラスカルに返り討ちにあってから出番もない
・そもそも遊撃隊ってなに?

 って感じじゃないですか。一方のカーボンは、

・人気の凶獣メンバー
・勝てば防衛戦がユーリとの凶獣対決
・さらに一箭との試合といった「今後」のぶち上げる

 と勝つ要素しかない。

 どうすればいいんだと思ってたところ、赤井のテコ入れが直前に入ります。突然、借金のカタに遊撃隊をやっていたと語られます。それも社長の力でどうにかなったと。
 個人的にはそんな設定いらなかったのですが。急に実は気の毒な境遇だったと語られてもどうしたものやら。
 ただ、相棒である原田みちるの「幸せに……なりましょ」には不覚にもぐっときました。キャラ設定を読む限り、みちるはアイドルになる近道としてプロレスをやってるだけで、遊撃隊にも思い入れは薄いと思っていたからです。それなのにこの「幸せ」発言ですからね。後藤・小原の野良犬コンビというか、真壁・本間(回復を祈ります)のG・B・Hコンビに重ねるプレイヤーもいたのではないでしょうか。

 「仕事」ではない勝利のための試合など、赤井にはこれまで無縁だったもの。東女ファンにも認知度が低いと思われる彼女に贈られる声援はほとんどなかったと思います。それでもみちるの声を背に闘う姿を思うと、ムラムラと創作意欲が湧いてきますね。

 ともあれベルトを巻いた赤井には防衛戦が待っています。公式からの追い風がカンガン吹いてくると予想されるユーリが相手ですが、ちょっとだけ走ろうかと思います。

 幸せに向かって走り出した時点で、すでに幸せを手にしたと、自分は思います。

|

« マイティ祐希子バースディ2017 | トップページ | ハッピーバースデー美月2017 »

リンドリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイティ祐希子バースディ2017 | トップページ | ハッピーバースデー美月2017 »