« 2016年のスペシャルマッチを振り返る | トップページ | マイティ祐希子バースディ2017 »

次期挑戦者についてアレコレ

 麗の次期挑戦者争いが世代闘争へと変わりつつあるため、状況を整理したいと思います。資料は「ビジュアルファイル2016」です。

***

 まずは「ナウリーダー」(麗より上のキャリア)と「ニューリーダー」(麗と同期からセヴンスター卒業まで)を派閥ごとに。

・ナウリーダー(19人)
 女帝直下…姫小路・十両
 凶獣…菊池・山口・大鉛・ソニックナイト・南城蛍・豪徳寺・皆口
 ソニックファミリー…ソニックキャット
 紅炎団…KATON・岩田
 滝沢組…滝沢
 日高一派…日高・西田
 その他…神崎・一ノ瀬・吉崎(いるの?)・野々村

・ニューリーダー(29人)
 女帝直下…シュバルツ・霧島・咲川
 凶獣…細野・さとり・ガッシュ・なるみ・美香
 ソニックファミリー…ディアナ・えり子
 紅炎団…加藤・羽佐間
 滝沢組…椿・伊勢屋・一箭遙(シナリオで追加)
 日高一派…クラウディア
 サンモニ…あかり・吉井・ジャスティスX・風魔あやめ・野草・キャシー
 ディスティニー…麗・ラナ
 星屑…夢原・珠樹
 フラフラ…香田
 その他…ホワイトフェイス・忍
 さらに、タッグでベルトを巻いた石狩みな、ヤンドラの称号を持つ社務さわり、デビュー戦がタイトルマッチの予定だった薬師寺いろりも候補か。

***

 それでは、派閥ごとに今後の展開を予想。

・女帝直下
 霧島と咲川の試合は挑戦者決定戦になる模様。シュバルツもやる気あり。ただ、迎え撃つ側の十両に引退フラグが立っているのが心配です。

・凶獣
 ナウリーダーが7人、ニューリーダーが5人と、ベルトに絡む人数が最も多い派閥。ヒールユニットということもあって、他派閥からも標的となりそうです。
 一方のニューリーダー、特に井上直下の3人は独り立ちのチャンス。セヴンスターベルト保持者のなるみと美香(最多防衛記録保持者)も勢いにまかせて挑戦してもいいかもしれません。

・ソニックファミリー
 一度ソニックを破っているディアナに欲があるかどうか。井上直下と同じく、上への依存が強い点が不安ではあります。

・紅炎団
 すでに挑戦表明している加藤。アメリカ帰りのKATONと勝負するのではないでしょうか。

・滝沢組
 誰かを出したいと語る滝沢だが、キャリア的には若い選手が多い滝沢組。セブンスターのベルトを巻いた椿と一箭か、みなを送り込むか。

・日高一派
 シナリオに絡んでいないだけにどうなるか。ニューリーダーもクラウディアしかいないし…。

・サンデーモーニング
 ナウリーダーのいない若い派閥。1番に挑戦者として名乗りを上げたあかりの対戦相手はソニックになるのか。また、吉井やジャスティスはどう動くのか。セヴンスター保持者の野草、キャシーにもチャンスはある。風魔あやめは?

・チーム星屑
 リーダーのこがねはキャリア的に対象外だが、夢原と珠樹にはチャンスあり。因縁のある野々村が帰国すると面白いのだが。

・フラフラ
 咲川がベルトを巻けば、(自称)ライバルのクリスティーヌ幸田にもチャンスが??

・その他
 一線を引いている神崎と一ノ瀬。リングでの壁として立ちはだかるのか。
 麗の(私生活の)弱点を知り尽くしているホワイトフェイス。上昇志向の乏しい彼女はどう動くか。

 以上、ざっくりとまとめましたが、「いつものメンバー」での展開ではなく、多くのキャラにチャンスがあると楽しめるかなと思います。

|

« 2016年のスペシャルマッチを振り返る | トップページ | マイティ祐希子バースディ2017 »

リンドリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年のスペシャルマッチを振り返る | トップページ | マイティ祐希子バースディ2017 »