« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

シュバルツ劇場について思う

 蛍・細野VSシュバルツ・霧島の次期タッグ王者挑戦権マッチ。
 前にも書きましたが、シュバルツには菊池のベルトに挑戦してほしかった。姫小路が破れてもガッシュ・ロイド組に勝った自分と勝負しろってアピールしても良かったのに…。何故、菊池の提案通りタッグベルトの挑戦権を賭けて戦うのか。宝探しはガンダーラの計画に乗ってるだけだし、どうにもレールに乗せられている感が残念だ。自力でこじ開けてこそのシュバルツ劇場。頑張っておくれ。

| | コメント (2)

ヤンドラ予選いよいよスタート

 ヤンドラ予選の第1次組み合わせが発表になりました。

・山吹旭‐冬崎ヤマト(ヤマトの勝利)
・牛ノ宮まくら‐ティフィ青山
・水星ケア‐赤ずきん
・アリス・リドル‐スクイッド多子
・ギガント森住‐姫麻呂町由岐
・グレイ綾野‐ヘカトン彗子
・日向ひまわり‐小天狗舞々
・唐沢しおん‐校条手鞠

 上記の勝者8名のうち6名が以下の選手と最終予選を争います。

・福北ののり
・南城ざくろ
・カース伏久
・メアリ・ノートン
・琴無千鶴
・笠松鏃

 残りの2名は直接対決で決勝進出を競います。

 果たして栄冠は誰の手に?そして残り21試合、年内に終えることができるのか、年を越してしまうのか?

| | コメント (0)

豪華スカウト2本立て(涙)

 イベントスカウトとコラボスカウトの2本立て。スルーできる日替わり強豪がいても、シナリオを進めるためには走るしかありません。

 で、手に入るのが所属枠を圧迫するだけのカード(ボイスなし)。

「この企画を通したのは誰だあ!!(バッ←暖簾をくぐる音)」

 コラボシナリオを無視すればよいのですが、シナリオは読みたいし、名鑑も埋めたいし…(貧乏性)。

 で、水星ケアと海江田潤。登場したっきり放置されていたCHARA氏デザインのキャラが唐突にカード化されたのって、怒られたとかそんな理由ですか?

| | コメント (0)

ヤンドラが動き始めました

 正式にヤンドラが始動しました。

 結局、パピヨン羽田を抜いた東女14名+FWWW8名+RLoW1名の23人が参加。予選はぽひを除いた22名で争うこととなりました。
 単純にぶつかると22名→11名。3名はそのまま決勝進出。残り8名で最終予選を行って4名が勝ち残りといった展開でしょうか。
 で、今日(7月8日)のシナリオで確定した試合が、牛ノ宮まくらVSティフィ青山。勝者にはもう1試合が義務付けられました。もう1つ言及された内容は若手の試合数を増やすこと。
 ののり・ざくろ・伏久・千鶴・メアリあたりの2012年組は1回勝利で決勝確定の可能性が高くなりました(他団体勢は赤ずきん?)。

 むむ?前回のイベントで「まさかね…」と不安視された、千鶴VSメアリの対決が現実味を帯びてきた…?

| | コメント (0)

ヤンドラ予選についてさらに考察

 ひとあさ様からコメントをいただきました。ありがとうございます。

 というわけで、ヤンドラについてもう少し考えてみます。

 牛ノ宮・パピヨン・青山の3人については「今後の会社の判断次第」とホワイトフェイスが語っていました(ホワイトラヴァーズ2日目)。仮にこの3人が参入したとしても東女のヤンドラ資格者は15人。FWWWが8人。アリスを含めて計24人です。ぽひは決勝進出が確定していますので残りは23人。
 今回のシナリオで檸檬が「決勝8人」と明言しているため、決勝の残り枠は7人となります(あくまでもFWWWのフロントの発言になりますが)。
 23人で7枠はバランスが悪いため、やはり牛ノ宮ら3人を外し、他団体から1名追加した21人で争うのではないでしょうか。

 コメントで頂きましたリーグ戦という単語で思いつきました。
 3人1組でリーグ戦を7グループ行うというのはどうだろうかと。

 具体的には、

①案 A対B、A対C、B対Cの3試合を3日間行う。
(試合形式)現状のシステムで3試合行う。
(メリット)ユーザーの不満は少ないと思われる。
(デメリット)同じ面子で7連戦の3試合を潰すことになる。予選終了までに時間がかかりすぎる。

②案 A対B、A対C、B対Cの3試合を時間を分けて1日で行う。
(試合形式)0時~8時をA対B、8時~16時をA対C、16時~24時をB対Cと分割して行う。
(メリット)1日で予選1グループが終わるため時間短縮となる。
(デメリット)生活サイクルによって参加できない試合が発生する(廃人除く)。

③案 A対B、A対C、B対Cの3試合を同時進行で1日で行う。
(試合形式)0時~24時の間に、A対B、A対C、B対Cを一斉に行う。
(メリット)1日で予選1グループが終わるため時間短縮となる。
(デメリット)どれか1試合にしか参加できないとなるとユーザーの不満が高まる。3試合を同時に行うならばサーバーの増強が必要になる。

④案 A、B、Cのいずれかの陣営について戦う。
(試合形式) 現状2陣営からの選択であるが、3陣営からの選択とする。
(メリット)1日で予選1グループが終わるため時間短縮となる。
(デメリット)実質3WAY方式での試合なので、リーグ戦の感覚がない。

 といったところでしょうか。

 ①案以外はシステム修正に手間がかかりそうなので実現しないと思いますが、今回のヤンドラ参加者は長くシナリオに顔を出しているメンバーが多いので、自動敗北だけは勘弁願いたいところです。 

| | コメント (0)

ヤンドラ出場者まとめ(7月4日現在)

 ヤンドラ予選、今日のシナリオで進展がありましたので出場選手をまとめてみます。

・服北ののり(東女 紅炎団)
・南城ざくろ(東女 凶獣)
・カース伏久(東女 凶獣)
・琴無千鶴(東女 フラフラ)
・メアリ=ノートン(東女 サンモニ)
・水星ケア(東女 ディスティニー)
・日向ひまわり(東女 ソニックファミリー)
・校条手鞠(東女 凶獣)
・山吹旭(東女 日高一派)
・唐沢しおん(東女 無所属)
・グレイ綾野(東女 凶獣)
・冬崎ヤマト(東女 凶獣)
・アリス=リドル(RLoW)
☆小早川ぽひ(FWWW 魔王軍 予選免除)
・ヘカトン彗子(FWWW ナイトメア)
・スクイッド多子(FWWW ナイトメア)
・小天狗舞々(FWWW ナイトメア)
・笠松鏃(FWWW レジスタンス)
・赤ずきん(FWWW レジスタンス)
・ギガント森住(FWWW レジスタンス)
・姫麻呂町由岐(FWWW ガンダーラ)

 現時点で21人。ぽひを除くと予選参加者は20人になります。まともに予選を行うと10人が勝ち残り。ここからどうやって3人減らすのでしょうか。ぽひ以外の前回本選出場者は、伏久・千鶴・手鞠・鏃。この4人は2勝しないと駄目だとか条件が付きそうな気もしますが、果たして。

 ところで、今回の出場者は各陣営バラエティに富んでますね。

| | コメント (2)

7連戦(ライジング・オブ・アベンジャー)を振り返る

 7連戦を振り返ります。

・第1戦 ○ヘカトン彗子 VS 姫麻呂町由岐× (4-0)
 ヘカトンにとって、ここまで結果は伴わなかったものの大舞台で培った経験が芽を出した結果でしょうか。
 姫麻呂はあのビジュアルと口調で「正統派」を名乗るから面白いのに、真面目にツッコむ方が野暮だと思います。 

・第2戦 ○赤鬼・青鬼・山崎 VS 月星・ルシア・ゆに× (3-1)
 チームとして完成されたナイトメアの勝利。一矢報いたゆには偉い(えー)。

・第3戦 ○Yui・聖光院 VS スジャータ・オニキス× (4-0)
 スジャータがラーメンばっかり食っててコンデション最悪だったんじゃね?(適当)3rdまでリデザしておきながらレスラーとしての描写はまるでなかったし。

・第4戦 ○雪女 VS あかり× (3-1)
 あかりのマジカルニーが最後に届いたと信じたい。

・第5戦 ×磯部かんきち VS メアリ・ノートン (0-4)
 目標が明確なメアリのモチベーションがかんきちを上回ったってところですかね。かんきちもメアリの成長を見守りたかった感もありますし。メアリの勝利とはいえ、実際に試合を作ったのはかんきちだと思います。

・第6戦 ×崖ノ下椿 VS 星空こがね○ (0-4)
 セヴンスターの提唱者、星空こがねの腰にベルトが巻かれるのは必然か。
 
・第7戦 ○スパイダー菊池 VS 滝沢泉× (3-1)
 滝沢の関節技に苦戦するも、終わってみれば菊池の勝利。

 FWWWの4試合については先日書いた通り、無意味な4試合でした。
 東女のタイトルマッチ2試合。事前に滝沢組を掘り下げる話があれば、もう少し盛り上がった展開になったかもしれません。

***

 今回のptと順位です。

・第1戦 モバ(姫麻呂) 7,635pt  358位
     ニコ(姫麻呂) 7,235pt   78位
・第2戦 モバ(頑駄羅)27,775pt  記録漏れ(☆は3つ)
     ニコ(頑駄羅)21,190pt  297位
・第3戦 モバ(頑駄羅)35,094pt  170位
     ニコ(ナイト)30,400pt   96位
・第4戦 モバ(あかり)32,566pt  715位
     ニコ(あかり)26,725pt  209位
・第5戦 モバ(メアリ)35,599pt  386位
     ニコ(メアリ)28,353pt  180位
・第6戦 モバ(崖ノ下)35,175pt  596位
     ニコ(崖ノ下)28,175pt  177位
・第7戦 モバ(滝沢) 82,568pt  389位
     ニコ(由樹) 72,975pt  109位

 前半FWWW4試合は前回よりもボーダーが上がってました。東女3試合は逆にボーダーがダウン。ワンサイドとなった2試合はともかく、菊池VS滝沢でもそこまで伸びませんでした。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »