« 幸せの王子! | トップページ | 陽だまりポカポカ(鍛えた拳で) »

ダイヤモンド愛(マナ)

藤原「今週の『ドキドキ!プリキュア』はキュアダイヤモンドが初登場。六花ちゃんのマナちゃんへの友情が描かれました」
レイ「友情~?」
藤原「ハイ!マナちゃんに近づく謎のイケメンを牽制したり、最後には自らも変身するなんて素晴らしい友情じゃないですか!」
レイ「本当に友情だと思ってる?」
藤原「も…もちろん!」
レイ「目を見て言ってごらん?」
藤原「う…。しょ、正直言って、少し…重いです…」
レイ「小さい頃に引っ越してきて最初の友達とは言っても、ちょっとねぇ」
藤原「依存しすぎですよね」
レイ「実はマナの方も六花に依存してるんだけど」
藤原「え?」
レイ「生徒会にしてもプリキュアにしても、最初に六花を誘っているわけじゃない。一人で何でも抱え込むように見えて、マナも六花がいるからこそ安心して突っ走れるわけよ」
藤原「なるほど。理想的なタッグチームみたいですね。っていうかレイさんが真面目な解説をしてる」
レイ「もう、結婚しちゃえYO!」
藤原「…なわけないか」
レイ「イケメンノッポさんに噛みついたり、嫁としても大活躍だったし」
藤原「あの場面は子ども番組として正しいあり方でしたね。よく知らない人には付いていかない。物で釣られない」
レイ「たとえイケメンでも」
藤原「そういえば、イケメンさんから貰ったアイテムを地球上の物質ではないって六花ちゃん言ってたけど、何気にすごいですね」
レイ「何せお母さんが女医さんでIQ300だから」
藤原「それ違うアニメ…」
レイ「決めポーズはヴィーナスだったけどね」
藤原「レイさん、遠い目で何を…」
レイ「20年…何もかもが懐かしい…」
藤原「そ、そうそう!来週はキュアクラブ…じゃない、キュアロゼッタが登場しますね!」
レイ「想像以上に天然腹黒キャラみたいね」
藤原「防犯カメラで正体がばれるなら、とっくに近所の住民に見られてそうですけど…」
レイ「口封じをしたんでしょ金持ちキャラだし」
藤原「プリキュアをプロデュース…ってどういう意味でしょうか?」
レイ「二次創作空間発動!」
藤原「!?(ビクッ)」

ありす「生徒会長様と書記がプリキュア…。公表したらさぞかし面白いことになりそうですわね」
マナ「お、お願い!このことは秘密にして!何でも言うこと聞くから!」
六花「マナには手を出さないで!私が何でもするから!」
ありす「怖がらなくてもいいですのよ。私はプリキュアを調教(プロデュース)したいだけですから…(くすくす)」
 ~数時間後~
マナ「ハァハァ…ありす…ちゃん…」
六花「………」
ありす「…まさか…この私が…プリキュアに…?」
マナ「これで、私たちの仲間だよ…?」
六花「四葉財閥のご令嬢がプリキュア…。とんだスキャンダルね…」
ありす「は、初めからこのつもりで…?」
マナ「六花の…作戦どおりだったね」
六花「この程度で私のマナをモノにしようだなんて…水でも被って反省しなさい!」

藤原「だから違うアニメだって!ギャバンダイナミック!」
レイ「ぎゃあああ~!」
藤原「まったく…。定番化するつもりですか、このコーナー」
レイ「そのくらい楽しませてくれるといいわねえ…(ジュルリ)」

|

« 幸せの王子! | トップページ | 陽だまりポカポカ(鍛えた拳で) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸せの王子! | トップページ | 陽だまりポカポカ(鍛えた拳で) »