« 秘密のベール | トップページ | ようやく告知 »

秋アニメの最終回感想

 秋アニメの1クール作品が最終回を迎えてますね。その中で自分の見ていた作品の感想を。

・「百花繚乱 サムライガールズ」
 ただのオッパイアニメだと期待していませんでしたが、意外に面白かったです。きちんと主従の関係が置かれていた関係で、又兵衛と半蔵が最後までチュウしなかったのがよかったです。むしろこの二人は幸村と千姫とチュウすればマスターサムライになれたんじゃないのかなあ。兼継は、まあ…ねえ…。
 最後もベタな生還エンドじゃなかったのも良しです。まあ覚醒してないほうの十兵衛は好きなキャラじゃないのでどうでもいいし(酷)。
 あ、一番残念だったのはダルタニアンがロボじゃなかったこと。人口マスターサムライとか言ってたのに…モードチェンジとかしてたのに…オーバーヒートして煙吹いてたのに…。

・「侵略!イカ娘」
 原作も「イカ娘かわいい」の一点突破の作品ですが、アニメもしっかり「売り」を貫きましたね。最終回も異文化交流モノとしての王道且つ2期も狙えるしっかりした話でした。それにしてもエレナ・ライアン(伊藤かな恵)もエンディングを歌うわで出世しましたね(「バトスピ」も見てますよ)。

・「探偵オペラ ミルキィ・ホームズ」
 まさかの当りクジでした。ただの馬鹿アニメのようで、きちんと話が進んでいるというシリーズ構成。最終回も真面目なバトルアニメになったかと思いきや、Bパートで安心の馬鹿展開に。再び4人がトイズを失った時の壊れた会長がよかったです。
 っていうか、ひたすらアンリエッタ会長(アルセーヌ様)を愛でるアニメだったような。いいバトル中毒キャラでしたよ、アルセーヌ様。最初「シスプリ」の白雪なんてマイナー所に似てるなんて思ってごめんなさい。
 あと、一番の見所は岸尾だいすけ。
 4人のヒロイン役の声優さんには黒歴史になるなんて思ってましたけど、売れっ子になってからも胸を張って出世作と言っていいと思います。馬鹿アニメ(褒め言葉)ですけど。

|

« 秘密のベール | トップページ | ようやく告知 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秘密のベール | トップページ | ようやく告知 »